ワンラク上のスーツを手に入れるまえに

2着目のスーツを購入するときに、ワンラク上のものに挑戦したいというときには、把握しておきたい基礎用語があります。
まず、ゴージは襟の上の部分と下の部分が重なり合ってできている谷間のことです。
この位置は時代によって変化しており、近年の主流はゴージ位置が高めのシルエットになります。
そして、ラペルは身頃の折り返し部分のことです。
幅やデザインで表情も変化し、スタンダードなノッチドラぺルといわれる剣先のようなピークドラペルが代表格になります。
さらに、ボタンは現在のフロントボタンの主流派2つで、一般的に3つボタンはカジュアルといわれます。
起立時はボタンを留め、着座時ははずすのがマナーです。
スーツのポケットはフタ付のフラップポケット、袋状のパッチポケット、斜めのスラントポケット、英国流の2段構えのチェンジポケットなどがあります。
色については20代の若手が持つべきビジネスシーンの基本とされるネイビーと日本人の肌色になじみやすいグレー、秋冬は茶系などが魅力的です。